WEBで行う勤怠管理システムで残業時間の管理

WEBでの勤怠管理を行ったときの上司の話

WEBで行う勤怠管理システムで残業時間の管理 私は前職で正社員をしていました。その時の勤怠管理はエクセルでの入力から、WEB上の画面に勤務時間を入力するものに変更になりました。はじめは、エクセルでの入力でしたので、月に一度の提出でした。しかし、WEBでの入力に変わった時は、毎日入力する運用に変更になりました。また、遅刻、早退、残業の申請もWEB上で入力します。社員としては、入力箇所も増えたのではじめは戸惑いを感じる声が聞こえました。

一方で管理職には好評だったようです。まず勤怠管理が毎日入力されるので、ボタンひとつで現在の勤務時間を参照する事が出来ます。また、集計作業にも時間がかからないの手間が省けたそうです。また、一番助かったのは、残業申請が簡単になったことだと言っている上司がいました。従来の方法では、残業申請の用紙を部下は持参しました。残業予定時間を承認をもらうために一度、上司の机を訪問します。そして、勤務が終わると実績時間を記入して、印鑑をもらいにいきました。その際に、なぜ産業時間が発生したのか、作業の進捗を聞きたくても、早く残業を終わらせないといけないので時間が取れなかったのです。しかし、WEBでの申請になって、ボタン一つで承認が出来るようになり、残業時間を集計して分析を先にしておきます。その後、時間がある時に本人にヒアリングすると、時間短縮につながると言っていました。その話を聞いて勤怠管理は、WEBの方が適していると理解することが出来ました。

Copyright (C)2019WEBで行う勤怠管理システムで残業時間の管理.All rights reserved.